浦和レッズ横断幕事件と警備員

浦和レッズ横断幕事件で、警備員の対応の難しさを感じました。

3月8日の埼玉スタジアム 浦和レッズサポーターが、「ジャパニーズ オンリー」
と英語で書かれた横断幕を入口に掲げ、この行為が差別にあたると、大きな問題に
発展、球団社長がひたすら陳謝し、これまでの自らのサポーターに辛辣な避難を
浴びせ猛省を演出した会見は、痛々しくも感じました。

さて、浦和レッズの社長の、静かな怒りを込めた謝罪会見をTVで見ました。
その中で、サポーターの問題行動を止めさせなかったとして、警備員の対応にも
言及しておりました。

問題の横断幕が掲げられているのを警備員が確認したのが15:00頃、問題に
気が付いていたかは不明です。
なぜか事務所に連絡したのが、17:00頃だったそうです。

慌てた、警備の責任者が、浦和レッズのサポーターに対し横断幕の撤去を求めた
ものの多勢に無勢だったのか?「試合中なので難しい」と言われ何も出来ず、
結局撤去されたのは18:00だったとのことでした。

浦和レッズの社長は、会見の中で「警備会社の対応のまずさにも問題があった」
とはっきり警備員を非難しておりました。

<警備員の教育>

スタジアムの警備とは、まずは観客の安全を確保することでしょう。
不審者、不審物の監視も大事な役目です。

「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕を見て、「これは問題だ!」
と、果たして瞬時に判断出来るものでしょうか?

警備員という業務の難しさと責任を問われ、とても気の毒な事件だと思って
しまいますけど・・・。








2014/03/17 01:03 | トラブルCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

警備員のトラブル

交通誘導警備トラブル2014

本日、小生意気な代理人さまにキレられてしまいました!

交通誘導警備員は、どうしようもなく、卑屈になってしまいます。
警備会社は建設業者から委託を受けて警備員を現場に従事させますので、
立場的に弱い者だと教えられているからでしょうか?

以前、このブログに書いたことがありますが、看板や安全資機材の運搬や設置は
常識の範囲で手伝うべきだと考えていますし、主張もしています。

ガードマン!(私のこと)早くこのコーン降ろして並べろって、使えねーな」
私より一回り年下とお見受けする代理人さまに罵声をあびせられました。

ムカッときましたが、そこは私は大人です。すぐに「あっ、はい!」と返事をし、
5~6個のコーンの重なりを二つ、2トンダンプの荷台から降ろし、予定作業区間
と思われる箇所に自分の感覚で並べました。

代理人さまを見ると、温かい缶コーヒーを飲みながら煙草を燻らし、下請の専務ら
しい方と談笑中。。。

チラっとこちらに一瞥をくれて「看板は?三枚ずつ立ててよ、言わせんなって俺に」
(私)・・・・無言。私はすぐ顔に出るタイプなんです。すると代理人は私に寄って
きて「なんでムッとされなきゃいけねーの?なに?」と激高。

一色触発の危機を、下請の専務がとりなし、作業開始。
その一時間後・・・
 




続きを読む »

2014/02/03 15:56 | トラブルCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |