交通誘導員と東日本大震災


山頂付近での交通誘導、わずかに雪が残っていました。

肌荒れ警備員

とにかく天気がいい^^ この時期の日差しはありがたいですね。

だけど、山頂付近は風も吹き、乾燥がハンパなく唇も荒れているのがわかります。

若いうちは肌荒れなど気にもしなかったのですが、40歳を超えたあたりからは
老けたくない」意識が芽生え、以後 乾燥には敏感になりました。

東日本大震災の数日前、ちょうどこの場所で仕事をしました。
こんなに温かくはなかったけど、穏やかな天気でした。

そろそろ仕事が終わるなぁ、と思っていた頃 突然グラグラと揺れだしました。
確か、震度4弱程度の地震があり、すごく揺れてビックリしました。

その後、3月11日(金) あの巨大地震です。
あれから五年・・・今年も3月11日は金曜日です。

津波による甚大な被害は、その後復興という形で我々交通誘導員にも良くも悪くも
大きな影響を与えたのも事実でしょう。

未だ復興は道半ば、そして2020年の東京オリンピック関連の公共事業も今後増える
と予想されます。また警備員の役割が再認識されるはずです。

「キツくて危険で安い」交通誘導の仕事ですが、もう少し飯は食えそうです。
ネットでの副収入があればこそですけどね(笑)


2016/03/05 12:34 | ガードマンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |